おすすめ記事

ゲンドウ「久しぶりだな」アスカ「ハァイ、パパ」シンジ「ちょ、姉…

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 15:57:44.37 ID:Cs5PdXiEO

アスカが姉キャラだったら…ゴクリ


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 16:18:31.68 ID:TrqThKsG0

レイがシンジの幼なじみというわけだな


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 16:25:43.47 ID:Cs5PdXiEO

アスカ「え~?アンタまだキスした事ないの?」

シンジ「な、なんだよいきなり…」

アスカ「キスしてあげよっか?シ・ン・ジ君?」

シンジ「からかうなよ…姉弟だからって……」

アスカ「あはは、な~に照れてるのよ?本気にしたの?」


みたいな



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 16:51:13.60 ID:NngXjCESO

>>7
俺の股間が第一種戦闘体制


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 16:28:40.00 ID:84ZTNPqVO

どーおシンちゃん、お姉ちゃんのチュウの味は?


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 17:48:29.50 ID:ruh7AMpo0

アスカ「ヒカリに頼まれて、まぁたデートすることになっちゃったわ」

シンジ「へえ。でもいいじゃないか、ひょっとして凄く姉さん好みかも知れないし」

アスカ「・・・すっごくイケメンだって」

シンジ「ホント? じゃあ楽しみだね」

アスカ「・・・・・・あーいきなり告白されたりしたらどーしようかなー」

シンジ「いい人だったら付き合ってみるのも悪くないかもよ」

アスカ「・・・・・・・・・あんたは今度の日曜どうすんの?」

シンジ「僕は、綾波と映画行く約束してるんだ。どっかで姉さんと会ったら面白いね」

アスカ「じゃ、じゃあ最初から二人で出かけましょっ!!」

シンジ「え?」

アスカ「なによぅ・・・。ちょっと言ってみただけよ・・・ふん」


みたいな



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 17:57:25.23 ID:NngXjCESO

つまり、アスカが姉で綾波は幼なじみという事だな。


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 18:06:47.90 ID:Cs5PdXiEO

ありじゃんこの設定


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 18:08:59.93 ID:vivRjkkeO

アスカは弟とかいたら、絶対愛情注ぐよな…もちろんツンデレ風味で
誰か書けよ


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 18:27:04.94 ID:tdt06w1eO

シンジ「僕のアスカがこんなに可愛いはずかない」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 19:13:18.02 ID:3OCiHbAlO

碇さん家のアネキ


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 19:47:55.08 ID:84ZTNPqVO

ミサト「指令は多忙なので、今日からあなたたち姉弟は私と一緒に暮らしてもらうわ」

シンジ「……」

アスカ「ちょっと~!ファーストチルドレンの弟ってこのネクラなのー!?」

ミサト「そうよー。ネクラはまあ否定しないけど、かわいい子よ。よく働いてくれるし」

アスカ「……ちょっと、あんた名前は?」

シンジ「……ミサトさん、僕もう寝ます」

アスカ「あっ、ちょっと!」

ミサト「う~ん、初対面の上に突然の姉の登場。すっかり心を閉ざしてるわ」

アスカ「なにあのネクラむっかつく~!」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 19:59:25.64 ID:84ZTNPqVO

ミサト「あら、今日はポークソテー♪シンちゃん今日は豪勢ねー」

シンジ「……」

アスカ(む、おいしい……)

ミサト「おいしー!シンちゃんサイコー!」

シンジ「どうも……」

ミサト「あ、ひょっとしてお姉ちゃん記念でこのごちそうなのかしら?」

アスカ「(ふうん。まあ一応パパの子供だし、仲良くしてやるか)ちょっと、アンタこれ」

シンジ「ごちそうさま……」

アスカ(せっかく人がコミュニケーションとろうとしたのにコイツ~!)



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 20:10:02.50 ID:84ZTNPqVO

アスカ「あれから結局全く会話ナシ!話しかけても避けるし!もー超ムカツクー!!」

アスカ(だいたい、あのネクラATフィールド張りすぎなのよ。部屋で何やってんのかしら)

アスカ(くっ、なんでこの私があんなやつ気にかけてやんなきゃなんないのよ!)

シンジ「……」

アスカ(電気も点けずに横になってるわ。まさに引きこもりね)

シンジ「……姉さんか



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 20:18:26.00 ID:84ZTNPqVO

シンジ(父さんに呼び出されたと思ったら、急に姉だなんて。父さんの子供なのかな)

シンジ(父さんはいつも勝手なんだ。僕を放っておいて、他に家族を作ってるなんて……)

シンジ(あのアスカって人……父さんと暮らしてたのかな)

シンジ(どうやって接したらいいかわからない)

シンジ(せっかく今の生活に慣れてきてたのに)

シンジ「ハァ……」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 20:27:26.54 ID:84ZTNPqVO

アスカ「ちょっとミサト~。なんなのあのネクラ。ホントにパパの子供なの?」
ミサト「正真正銘碇指令の息子よ」

アスカ「ふんっ、アイツ今日一言も私と話してないのよ」

ミサト「繊細なのよ。まだあなたにうまく対処できないのよ」

アスカ「ハァー繊細ね~。マッチョも嫌いだけど、ああいうウジウジしたのも嫌いなの私は!」

ミサト「まあまあ。あなた彼のお姉さんなんだから。もう少し頑張ってみてよ」

アスカ「私はパパと暮らせると思ってたのにィ」



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 20:35:31.98 ID:84ZTNPqVO

アスカ「あーあ、やっぱり住居変えてもらおうかしら。あんなネクラと暮らしてたら息が詰まっちゃいそうだし~。お風呂お風呂」

アスカ「日本家屋ってなんでこんなにセキュリティ甘いのかしら。バスルームのドアにカギかからないなんて」ヌギヌギ

シンジ「ハァ」ガラッ

アスカ「は……?」

シンジ「え……」

アスカ「……」

シンジ「えっと……その……い、いや、そういうつもりじゃ」

アスカ「きゃああああああああああああああああああああああ!!



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 20:46:55.30 ID:84ZTNPqVO

アスカ「エッチバカ変態!!信っじらんないっ!!」

シンジ「ほ、本当にわざとじゃっ!」

アスカ「あ゛ーやっぱ無理!ミサトに言って出ていかせてもらうわ」

シンジ「ちょ、ちょっと待ってよ!本当に違うんだってば!」

アスカ「うっさい!乙女の裸を見ておいてタダですむと思ってんの!?」

シンジ「事故だよ!」

アスカ「ええい、何言ったってもう……そうねぇ、許してあげないこともないけど」

シンジ「ほ、本当に!?」

アスカ「おほほほほっ!たーだーし!これから私の言うことなーんでも聞いてもらうから」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 20:58:49.44 ID:84ZTNPqVO

シンジ「は?」

アスカ「あんた私の弟でしょ。弟は姉の言うことなーんでも聞かなきゃいけないの。私が喉が渇いたって言ったらすかさず飲み物を差し出すこと」

シンジ「なんかすごく理不尽だ」

アスカ「あんたが国際犯罪級の痴漢だって言いふらしてもいいのよ。ミーサートー!!」

シンジ「わぁっ!わかった、わかったから!」

アスカ「それじゃあ、お姉ちゃんこれからシャワー浴びるから。出てきたらジュースお願い」

シンジ「……」

アスカ「返事は?」

シンジ「……はい」

アスカ「じゃあそういうことで。よろしくねシンちゃーん」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:08:43.58 ID:84ZTNPqVO

アスカ「あーいいお湯だったー♪」

ミサト「そ?ならよかったわー」

シンジ「……どうぞ」

アスカ「あら~わざわざありがと~」

ミサト「へぇ、シンちゃん気がきくじゃなーい」

アスカ「ああ、おいしい。ありがとうねえシンちゃん」

シンジ「……猫かぶり」

アスカ「あ?」グイッ

シンジ「いえ……」

ミサト「あらあら姉弟のスキンシップ~?こっちのお姉さんも混ぜて~」

アスカ「ダメよ、この子私の弟だからー」

ミサト「ちぇ、じゃあシンちゃんおつまみ作って~」

シンジ「ミサトさん、飲み過ぎですよ」

アスカ「おつまみかぁ、あ!私おつまみもいいけどプリン食べたくなっちゃったー」

シンジ「……コンビニ行ってきます」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:28:32.56 ID:84ZTNPqVO

トウジ「先生もスミにおけんなぁ」

シンジ「え?」

トウジ「あのゲージンの転校生や。先生のアネキーいうとるで」

ケンスケ「姉、ということは当然同居。あの美少女と」

トウジ「一緒にご飯食べたり」

ケンスケ「一緒にお風呂に入ったり」

トウジ・ケンスケ「いいなぁ~~!」

シンジ「そんなに良いものじゃないよ……」

トウジ「あ、こいつ余裕ぶっこいてからにィ!」

ケンスケ「ただでさえ既に葛城さんと同居のくせにィ!」

シンジ「ちょ、2人とも……っ!」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:41:46.84 ID:84ZTNPqVO

トウジ「なんや、じゃあ昨日初めて会ったんかい」

シンジ「うん」

ケンスケ「はぁ~いいのかな~。姉弟とはいえ、ほぼ他人の男女が共同生活」

シンジ「別にミサトさんもいるんだし」

ケンスケ「いいや、むしろ姉弟だからこその背徳感!2人はいつしか家族の垣根を越え、愛欲の日々に溺れる!」

トウジ「かぁーっ!世間っつうのはなんて不公平なんやー!」

シンジ「いや、あのアスカって実は……」

アスカ「シーンジ!なに話してるの?」

シンジ「い、いや、なにも」

アスカ「あら、こちらシンジのお友達?」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 21:55:12.57 ID:84ZTNPqVO

トウジ「はい、我々、碇シンジ君の親友やらせてもろてます!」

ケンスケ「いやぁ、お姉さんのお話はかねがね」

アスカ「ふーん」チラッ

シンジ「……」

アスカ「私もあんたたちのことよく聞いてるわ。これからもシンジ、ついでに私とも仲良くしてねー」

トウジ・ケンスケ「は、はいっ!」

アスカ「まあ、実際姉弟になっら短いけど、もうコイツったら私にベタベタでね~」

シンジ「は!?」

アスカ「昨日も『お姉ちゃん一緒にお風呂入って~』って」

シンジ「な、なに言って」

アスカ(姉に欲情した変態になって、友達なくしたい?)ヒソヒソ

シンジ「ぐぅっ……」

トウジ「先生もムッツリやなぁ」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:02:29.65 ID:84ZTNPqVO

アスカ「あ、私、お昼はここの学食のパンっていうの食べてみたいな~」

シンジ「自分で買いにいけばいいじゃないか」

アスカ「でも優しいシンジは買ってきてくれるんだよねぇ~」

シンジ「……」

アスカ「ねぇ~」

シンジ「……わかったよっ!買ってくればいいんでしょ」

アスカ「ごめんねぇ、シンちゃん。お姉ちゃん助かる~」

トウジ「やっぱ、世の中不公平やな」

ケンスケ「リア充爆発しろ」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:12:38.16 ID:84ZTNPqVO

冬月「セカンドチルドレンとファーストチルドレンの邂逅。我々のシナリオと少し違うようだが。どういうつもりだ」

ゲンドウ「問題ない。今の時点ではまだ端書き程度のものだ」

冬月「しかし、蝶に竜巻を作られても困るぞ」

ゲンドウ「望むのは混沌ではなく調和だ。当然修正は随時行うつもりだ」

冬月「心配事が多すぎると老体にはしみるよ。ところで、お前に別に子供がいたとは知らなかったな」

ゲンドウ「……」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:23:45.00 ID:84ZTNPqVO

アスカ「あんたの友達バカそうねぇ。ガキっぽいし」

シンジ「……」

アスカ「ちょっと聞いてんのシンジー?」

シンジ「あのさ、アスカ、さん?」

アスカ「お姉ちゃん、でしょ」

シンジ「お姉ち……さんは父さんの子供なんだよね」

アスカ「だから?」

シンジ「いや、ただ父さんと暮らすってどういう感じなのかなって」

アスカ「は?」

シンジ「僕は……ずっと先生のところにいたから。父さんと家族として過ごしたことほとんどないんだ」

アスカ「……」

シンジ「父さん、お姉さんの前だとどんなふうなのかなって、気になるっていうか」

アスカ「あのねぇ、私だってパパと暮らしたことなんてないわよ」

シンジ「え?」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:35:50.34 ID:84ZTNPqVO

アスカ「前まで別の家族がいたんだけど、あの人が突然私を引き取りたいって言ってきたわけ」

アスカ「家族も私には引いて接してたからね、必要とされてるほうに行くのは当然でしょ?」

アスカ「幸か不幸か引き留められなかったし。まあその程度の関係だったってことね」

アスカ「で、パパの子供になったわけ。わかった?」

シンジ「……」

アスカ「弟ができるって聞いて、もう少し余裕のある男を期待してたんだけど。貧乏クジ引いたわ」

シンジ「……父さんと暮らしたくないの?」

アスカ「べっつにー。私は最初から団欒を期待してたわけじゃないし。必要だっていうからついていっただけ。ところであんたファザコン?」

シンジ「だ、だれがあんな父親……っ!」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 22:54:51.64 ID:84ZTNPqVO

アスカ「ま、せいぜい退屈しのぎにはなってもらうわよ」

シンジ「は?」

アスカ「あー私パフェ食べたくなっちゃったー」

シンジ「……コンビニに」

アスカ「あんなチープでプラスチックなやつじゃなくてー。グラスに入った本格的なのが食べたいなー」

シンジ「そんなものあるわけ……」

アスカ「もしもし!ミサト?助けて!シンジが、シンジにー!」

シンジ「な、なにやってるんだよ!?」

ミサト『もしもし!アスカ!?もしもし!?』

アスカ「あ、ダメよシンジ、私たち今は姉弟なのにー!」

シンジ「わかったよ!近くにレストランあるから!」

アスカ「もしもしミサト?ごめんね、シンジがご飯作らないってきかないからさ。うん、べっつにー。今日も仲良しよー」

シンジ(イヤだ……こんな生活……)



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 23:16:16.04 ID:84ZTNPqVO

アスカ「はぁー♪これよこれ♪」

シンジ「パフェが千円以上もするなんて……」

アスカ「辛気くさいわねー。あんたも何か頼んだら?」

シンジ「もうお金がないよ」

アスカ「経済力のない男って情けないわねぇ」

シンジ「もう眠りたい……」

アスカ「はぁーおいしい!」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 23:23:58.33 ID:84ZTNPqVO

シンジ「今日はミサトさん残業か」

アスカ「ちょっと」

シンジ「なに?」

アスカ「ミサトがいないからってお姉ちゃんに変なことしたら……頭のいいシンちゃんはわかるよねぇー」

シンジ「そんな気力もないし、それに僕にだって選ぶ権利が」

アスカ「なんですってー!」

シンジ「おやすみ……」

アスカ「……あんにゃろう」



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 23:35:41.40 ID:84ZTNPqVO

シンジ(学食なんて買わされたら持たないな。明日からお弁当つくらなきゃな)

シンジ(父さんと暮らしたことないって言ってたな。同じだ……確かに姉弟みたいだ)

アスカ「……」

シンジ(ん?アレ、な、なんでこの人??)

アスカ「さっきのみたいのは女としては頭にくるのよね」

シンジ「だからってなんで僕の布団に」

アスカ「姉弟なんだから川の字で寝たっておかしくないでしょ」

シンジ「一人足りないけど」

アスカ「うるさいわねえ。男が細かいこと気にしないでよ」

シンジ(男男って、僕は弟なんじゃ……)

アスカ「……」

シンジ「な、なんでこっち見てるのさ」

アスカ「別にいいじゃない」

シンジ「もう寝よう」

アスカ「あ、目反らした」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 23:42:28.80 ID:84ZTNPqVO

アスカ「あれあれ~シンちゃんはもしかして恥ずかしいのかな~?」

シンジ「べっ、別に恥ずかしくなんか……」

アスカ「あー今夜はあつーい。服脱いじゃいたーい」ゴソゴソ

シンジ「は!?ちょ、ちょっとやめてよ!」

アスカ「なんちゃってー」

シンジ「……」

アスカ「あ、期待した?期待した?」

シンジ「してない」

アスカ「私のどーゆー姿を想像してたのかなぁ?」

シンジ「なにも想像してないってば!



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/16(土) 23:53:51.63 ID:84ZTNPqVO

アスカ「そういえば、あんたには私のフルヌードばっちり見られちゃってるのよね」

シンジ「あ、あれは事故で」

アスカ「あーあ、うら若き乙女の体を、性欲旺盛な中学生男子に視姦されるなんてぇ~」

シンジ「別にどうでもいいし」

アスカ「あんたバカァ!?タダ見でそんな発言が許されると思ってんのォ!このこの!」

シンジ「い、痛っ……蹴らないでよ!」

アスカ「あんたアレね、最近流行りの羊系男子とかいうやつ」

シンジ「そんなの聞いたことないよ」

アスカ「男性の衰退ね~」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:03:13.91 ID:sWV17Y+FO

アスカ「すんすん」ゴソゴソ

シンジ「ゴミ箱嗅いでるのも変態っぽいよ」

アスカ「ふーむ、今日はないらしいわね」

シンジ「な、なにが」

アスカ「きっとそのうち部屋がイカ臭かったり、お風呂が妙に長い場面に遭遇するのね」

シンジ「はぁ!?」

アスカ「いやーん、エンガチョ!」

シンジ「こ、ここではそんなことしないし!」

アスカ「ふ~ん、何を?」

シンジ「え、あ、いや……」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:13:17.79 ID:sWV17Y+FO

アスカ「ミサトも堂々と下着干してデリカシーないわねぇ。ああいうの見ると苦しくなるわけ?」

シンジ「もうなんの話になったんだよ……」

アスカ「私オカズにするの勘弁してよ」

シンジ「しないよ!」

アスカ「じゃあ、やっぱりいつもはミサトなの?」

シンジ「どうしてそうゆう……」

アスカ「あーなんか明日は口が軽くなってあることないこと言っちゃいそう」

シンジ「……そうだよ」

アスカ「え、なに?」

シンジ「普段はミサトさんだよ!これでいいだろ!」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:22:40.65 ID:sWV17Y+FO

シンジ「もうやだ……死にたい……」

アスカ「ふーん、いつもはこの手でシコシコってやっちゃうんだ?哀れねぇ」

シンジ「もうやだ……さわんないでよ」

アスカ「うわっ、細っ!男の腕じゃないわよ」

シンジ「……」

アスカ「ねえ、ちょっとやってみなさいよ」

シンジ「はあ!?」

アスカ「ほら、いつもみたいにやってみなさいよ。ここで見ててあげるから」

シンジ「いいかげんにしてよ」

アスカ「お姉ちゃんには見せられないのかな~」

シンジ「……」

アスカ「シンちゃんの~ちょっといいとこ見てみた~い」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:36:45.78 ID:sWV17Y+FO

アスカ「……って、うわ、大きくなってるし」ゴソゴソ

シンジ「ちょ、どこさわってんだよ!」

アスカ「しゃべりながらここはカチカチにしてたわけ?うわぁ~」

シンジ「や、やめっ……」

アスカ「なるほどねぇ、これは確かに苦しそう」

シンジ「うっ……はぁ」

アスカ「そうねえ、まあ私の与り知らぬところでだったらこれを楽にしていいわよ」

シンジ「やめてよ!」

アスカ「わっ、な、なによ……」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:43:44.34 ID:sWV17Y+FO

シンジ「……」

アスカ「わ、悪かったわよ、やりすぎたって」

シンジ「……」

アスカ「ちょっと、謝ってんじゃない」

シンジ「……」

アスカ「無視しないでよ」

シンジ「……」

アスカ「こっち見なさいよ」

シンジ「……」

アスカ「っ……私を見てよっ!」グイッ

シンジ「痛っ」



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 00:51:50.02 ID:sWV17Y+FO

アスカ「ごめんなさい……」

シンジ「……」

アスカ「もうっ、あんた私の弟でしょ!言うこと聞きなさいよっ!」

シンジ「は、はいっ」

アスカ「こっち向けって言ったらすぐ向く!」

シンジ「はぁ」

アスカ「まったく」

シンジ(逆ギレだ)

アスカ「何か言った?」

シンジ「いいいや何もっ」



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:08:02.57 ID:sWV17Y+FO

アスカ「もう3時じゃない。寝るわよ」

シンジ「僕はもっと早く寝るつもりだったんだ」

アスカ「うるさいわねぇ。口閉じてなさいよ」

シンジ「うん」

アスカ「……」

シンジ「あのさ」

アスカ「なによ、早く寝なさいよ」

シンジ「明日、ていうか今日はお弁当作るから」

アスカ「あっそ」

シンジ「それだけ」

アスカ「……」

シンジ「……」

アスカ「……不味いもの食べさせないでよ」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/17(日) 01:59:18.05 ID:2eQ08OWy0

保守


関連記事


[ 2010/10/17 04:12 ] エヴァ | TB(0) | CM(0)

おススメ記事


他サイト様おススメ記事

star.jpg

star.jpg
コメントの投稿
 
※スパム防止の為 URLを貼る場合はh抜きでお願いします










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

お知らせ


Twitterb.png RSS


サイト内検索
はてブ人気エントリー
ブログパーツ
リンク集
人気記事ランキング
スポンサードリンク
B01DWGB34A
B01BHZI0FS
B01B6BAOFW
4847048245
B01B6BANW6
B019T4T8M8
B01D8RETXA
B01EQT3IVI
B01EQT3IUY
B01B42M29Y
408780805X
B00VT4V1K4
B0131IKOHG
B014LP3DPI
B00X964V9I
B00XBJV0W4
B017X08GL4
B018VYVF32
B015YLRVDI